※私の「レーシック体験談」、手術方法が判明して、適合した手術内容の説明やカウンセリングを受け、質問にも丁寧に対応して頂き、最終的に納得した上で、手術を受けることを決定!


レーシック体験談:手術内容を検討!

適応検査の結果、手術の方法(旧名称:レーシックカメラ)が判明しました。実際に手術を受けるかどうか自身が十分に納得した上で決める事にしました。
※レーシックに適応しない方には、別の治療法が提示される様です。適応した治療法について、十分な説明を受ける必要があります。

レーシックの手術を決定するまで

私の「レーシック体験談」、レーシックの適応検査の結果、もしレーシックに適応すれば、適応するレーシックの治療法内容について、予め十分に説明を受けてから、自身が納得した上でレーシック手術を決断する事にしました。

また、スタッフやドクターの対応が誠心誠意であるかもチェックして、ここなら任せられるかどうかを確認後、もし、問題が無い様であれば、本日、レーシック手術の予約を入れて帰宅するつもりです。

適応するレーシック手術の方法が判明

適応検査を終えて、しばらくして、個室へ呼ばれ、カウンセリングスタッフの方より検査結果の説明を受け、レーシックに適応していることを告げられました。その時、今迄の緊張が解けて、ホッとしました。

引き続き、適合している治療の種類や手術の方法等、詳細な説明を受け、年齢が40才を超えていることもあり、既に老眼が中程度進んでいることも告げられました。

その為、老眼治療であるレーシックカメラ(現名称:リーディングアイ・プラスと同等)と遠近両用レーシック(現名称:プレスビーマックスと同等)によるレーシックと老眼を同時に治療する方法を勧められました。

レーシック手術の方法について質疑応答

実際に、その時にカウンセリングスタッフと会話した内容です。完全ではありませんが覚えている内容については、以下の通りです。()内は、補足と私の心の言葉です。

⇒予め希望していた、通常のイントラレーシックでは、何か問題はありますか?と質問してみました。
⇒ご希望のイントラレーシックでは、手術後、本など読まれる場合、細かい文字が見えづらくなり老眼鏡が必要になります。
⇒そうですか。(ガッカリして少々考え込みました。)
⇒もし、ご希望のイントラレーシックを受けた場合は、このような見え方になります。この擬似的なメガネを用意しました。付けて見て下さい。
⇒遠くは、くっきり、はっきりと見えるが、手元がぼやけて全くピントが合わないですね。
⇒老眼を治療する遠近両用レーシック(現名称:プレスビーマックスと同等)とレーシックカメラ(現名称:リーディングアイ・プラスと同等)があります。
⇒遠近両用レーシックは、両眼共に遠方の視力が0.8程度しか上がりませんが、近方の視力は良くなります。
⇒もう一方のレーシックカメラは、遠方の視力が1.5程度まで可能で、近方の視力も格段に良くなります。
⇒しかし、レーシックカメラは、人によっては、左右の視力が異なる為、違和感を感じられる方も居られます。その場合、再度、手術を行う事が可能です。
⇒老眼治療が最適と言う事ですね。少し考えさせて下さい。

レーシック手術の方法を決定

再度、しばらく、時間を頂き、考え込みました。視力回復のためにレーシックを受けたのに、老眼鏡が必要になるのは、意味がないと考え、今後の生活スタイルの事も踏まえて、予算をオーバーしていますが、最低でも視力は、1.0を確保し、医院が勧めるレーシックカメラ(現名称:リーディングアイ・プラスと同等)を受けることに決めました。

適応検査を受けて、初めて老眼が進んでいることに気付かされ、大変ビックリとガッカリでした。40歳を過ぎている方、自分は大丈夫だと思っている方、老眼が進んでいるかもしれません!

老眼かどうかを知る簡単な方法を教えて頂きました。それは、普段、メガネを掛けておられる方、新聞や本など小さな文字を見る時、何気なく、メガネを取って、裸眼で見ていませんか?老眼の方が行う仕草だそうです。

レーシック手術の日程を調整

しばらくして、再度、個室へ呼ばれ、ドクターによる診察と再度、検査結果の説明を受けました。

ドクターより、この治療は、手術後、半年が経っても近くが見づらい、違和感を感じられる方も居られ、もし希望であれば、再度、老眼治療した片方について、手術することが可能です。と説明を受け、リスクがあることを事前に告げられ、逆に信頼できると感じました。

また、レーシックカムラの手術は、品川近視クリニックの役員(経験豊富なドクター)が執刀するということです。

手術は、週に2日(水・土)の日程で組まれ、直近の日程でお願いしたところ、3日後(土)に予約が取れました。また、手術前日からの注意について、説明を受け、点眼薬を渡されました。

いよいよです・・・

品川近視クリニックを選んだ理由とは!

品川近視クリニックの専門スタッフの方やドクターの丁寧な対応もあり、ここなら任せられると思い治療を受ける事を決めました。

特に、無理に治療を勧める訳でもなく、十分に検討する時間もありました。私の場合は、内容の説明と質疑応答で、約1時間を費やしました。ゆっくりと考える事ができたのが大きな理由の1つです。

また、説明だけでなく、擬似的なメガネで、自身が予め考えて置いたレーシックでは、見え方が違う事を実際に体験した事です。そして、万が一、眼の異常が発生した場合の保障として、3年と言う特典が付いている事が決めてでした。

本当は、別の医院で適応検査を受けて、2つの医院を比較検証してから決める予定でしたが、品川近視クリニックでほぼ満足してしまいました。

今、考えると、あの時、ドクターが勧める治療法ではなく、自分が希望しているレーシック(20万円台)を無理して受けていたら、今頃は恐らく、老眼鏡が手放せなくなり、後悔していただろう、と思います。

そう言えば、私より2年前に品川近視クリニックでレーシックを受けた友人が、老眼鏡を持ち歩いていた事を思い出しました。よくパソコンや書類を見る場合は、老眼鏡を付けないと見えないと言っていました。

その当時、レーシックカメラの様な老眼治療が提供されていない時代に手術を受けていました。近視は改善されたが、老眼はそのままの状態です。そう考えると、私はラッキーだったのかもしれません。




レーシック体験談 メニュー




検索
レーシック手術・治療
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の医院が集まっているエリアをご紹介



検索
レーシック(LASIK)
 ・視力回復の種類


  • 初期のレーシック
    マイクロケラトームによるレーシックは、10万円を切る値段で提供されています。朗報!

  • イントラレーシック
    初期のレーシックと比べて更に効果の高い治療法です。また、最も行われており、現在、実績№1になります。

  • アイレーシック
    オーダーメイドの視力矯正!わずかな歪みまで矯正できるため、より自然な見え方を実現しています。

  • Zレーシック
    眼の動きを6次元、又は7次元で追尾!レーザー照射の照射時間短縮を実現した最高峰のレーシック!

  • エピレーシック
    角膜が薄い方に朗報!エピケラトームという専用医療器具によって、角膜上皮部分のみに薄い蓋を作成します。

  • ラセック
    角膜が薄い方に朗報!アルコールを使用して、角膜上皮部分のみ薄い蓋を作成します。

  • PRK(ピーアールケイ)
    レーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。現在、角膜ジストロフィなどの治療で活躍!

検索
老眼治療+レーシック
 ・視力回復の種類


  • リーディングアイ
    ピンホール効果で、近くがより快適に見えるようになる治療方法です。現在、人気上昇中!

  • Vue+(ビュープラス)
    「角膜インレー」を片眼だけに挿入し、もう片方の眼には、遠くが見える様に矯正する老眼治療!

  • モノビジョンレーシック
    片方の眼は遠く、もう片方の眼は近くが見える様に調整して、近くも遠くも両方見える様にする老眼治療!

  • プレスビーマックス
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 遠近両用白内障手術
    白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して、老眼や白内障から視力を回復させます。

  • AddOn眼内レンズ
    白内障手術を受けられた方の追加矯正、老眼の症状から回復する事が可能になります。

  • スープラコア
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変形させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 老眼治療CK
    レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。