老眼治療スープラコアは、レーシックでも使用するエキシマレーザーを使用し、コンタクトレンズの様な形状に変化させて老眼の症状から視力を回復させます。


老眼対応の遠近両用レーシック

遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見えるようにする老眼治療!、中距離も見やすくなります。
※レーシックでも使用されている最高性能「Technolas 217P」を使用した老眼治療!

スープラコアとは!?

老眼治療「スープラコア」(SUPRACOR)は、2011年5月、EU加盟国における基準を満たしたことで、その安全性が証明され、老眼治療としてスープラコアを日本で初めて開始しました。

スープラコアは、2010年にパリで開発され、老眼に対して有効なエキシマレーザーである「Technolas 217P」を国内で、唯一導入する錦糸眼科のみが治療可能でしたが、現在、閉院しています。

スープラコアは、両眼の角膜をエキシマレーザーで、遠近両用コンタクトレンズのような形状に角膜を変形させ、遠く・近くがどちらの眼でも見えるようにします。また、近くや遠くだけでなく、中間距離の見え方もより自然に見える技術です。

近年までは、レーザーで角膜を調整して、老眼治療は、技術的には不可能でした。しかし、スープラコアによって、それが可能になり、老眼・遠視・乱視を同時に治療する事ができるようになります。

また、スープラコアは、4次元対応(眼の動きを感知)し、正確なレーザー照射を行っています。そのため、精度の高い老眼治療が実現可能にしています。

そして、片眼のみに対して行われる老眼治療は、治療しない側の眼はこれまで通り、近くを見ることができません。しかし、スープラコアは、両眼に施しますので、どちらの眼でも近く・遠くが裸眼で見えるようになるのが特長です。

また、片眼のみに対して行われる老眼治療では、左右の見え方に違和感があり、慣れるまで、約1ヶ月~3ヶ月かかりますが、スープラコアでは、約1ヶ月という調査結果が報告され、良好な視力回復まで期間が早いということが言えます。

スープラコアと使用するレーザーは異なりますが、品川近視クリニックで提供されているプレスビーマックスとよく似た治療方法になります。

スープラコアの手術方法

手術の状況

スープラコアの手術にかかる時間は、両眼で10~20分程度と、短時間で終了します。手術前に点眼麻酔を行うため、手術中は痛みを感じることはありません。

当日の所要時間は、手術前の準備(診察や検査など)、手術後の休憩時間を含めて約2時間程度になります。

step.1
●洗眼・点眼麻酔
眼を洗浄し、麻酔の点眼薬を手術する前に付けた後、瞬きしないよう、開眼器でまぶたを固定します。
step.2
●フラップの作成
フェムトセカンドレーザーという機器で、角膜の表面に照射して削り、フラップを作成します。
step.3
●エキシマレーザーを照射(Technolas 217P)
フラップをめくり、角膜にエキシマレーザーを照射して屈折矯正します。
step.4
●フラップの固定
再び、フラップをもとの位置に戻して固定します。戻されたフラップは、約1週間程度で切断面が再生し、密着します。

スープラコアのメリット、デメリット

  • 老眼と近視・乱視・遠視を同時に治療が可能になり、遠くも近くも見える様になります。老眼鏡なしで生活ができます。
  • 夜間のコントラストがやや低下する為、夜間運転する職業の方(配送ドライバー、タクシードライバー等)は受けられない場合があります。

検索
レーシック手術・治療
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の医院が集まっているエリアをご紹介



検索
レーシック(LASIK)
 ・視力回復の種類


  • 初期のレーシック
    マイクロケラトームによるレーシックは、10万円を切る値段で提供されています。朗報!

  • イントラレーシック
    初期のレーシックと比べて更に効果の高い治療法です。また、最も行われており、現在、実績№1になります。

  • アイレーシック
    オーダーメイドの視力矯正!わずかな歪みまで矯正できるため、より自然な見え方を実現しています。

  • Zレーシック
    眼の動きを6次元、又は7次元で追尾!レーザー照射の照射時間短縮を実現した最高峰のレーシック!

  • エピレーシック
    角膜が薄い方に朗報!エピケラトームという専用医療器具によって、角膜上皮部分のみに薄い蓋を作成します。

  • ラセック
    角膜が薄い方に朗報!アルコールを使用して、角膜上皮部分のみ薄い蓋を作成します。

  • PRK(ピーアールケイ)
    レーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。現在、角膜ジストロフィなどの治療で活躍!

検索
老眼治療+レーシック
 ・視力回復の種類


  • リーディングアイ
    ピンホール効果で、近くがより快適に見えるようになる治療方法です。現在、人気上昇中!

  • Vue+(ビュープラス)
    「角膜インレー」を片眼だけに挿入し、もう片方の眼には、遠くが見える様に矯正する老眼治療!

  • モノビジョンレーシック
    片方の眼は遠く、もう片方の眼は近くが見える様に調整して、近くも遠くも両方見える様にする老眼治療!

  • プレスビーマックス
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 遠近両用白内障手術
    白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して、老眼や白内障から視力を回復させます。

  • AddOn眼内レンズ
    白内障手術を受けられた方の追加矯正、老眼の症状から回復する事が可能になります。

  • スープラコア
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変形させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 老眼治療CK
    レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。