老眼治療CKは、ラジオ波を使用して老眼の症状から視力を回復させます。老眼鏡なしである程度、近くが見える様になります。しかし、長時間の読者・運転・パソコンには不向きです。


初期の遠視矯正術、老眼治療CK

レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。主に、遠視を矯正します。
※現状、既に世界で10万件以上の治療実績!、ご紹介する老眼治療の中でもキャリアの長い治療法!

老眼治療CKとは!?

老眼治療CKは、米国Refractec社で開発された「伝導式角膜形成術」という治療名称で、日本の厚生労働省にあたる米国FDA(米国食品医薬品局)より認可を受けている老眼矯正技術です。アメリカでは、2002年、日本では、2004年から行われるようになりました。

老眼を治療CKと、近視を矯正するために行われるレーシックとでは、大きく違いがあります。レーシックは、レーザーもしくわ専用器具を使って角膜の表面を削って蓋(フラップ)を作り、その後、蓋をめくって角膜にレーザーを照射し、角膜の屈折率を矯正します。

それに対し、老眼治療CKは、レーザーを使わず、角膜の外周にマーキングをし、必要箇所にラジオ波をあて、角膜のコラーゲン組織を収縮させて角膜中央部のカーブを変えることにより、手元にピントを合わせる矯正法になります。

手術時間は、5~10分程です。レーシックと違い、再手術や追加手術が容易という点です。

また、レーシックは、殆どが両眼に施術するのに対し、老眼治療CKは、片眼(利き眼でない眼)だけに施術するのが一般的という点も大きな違いです。

それは、老眼鏡では遠くが見えにくいのと同様に、老眼治療CKを行った片眼の視力は、近くが見やすくなると、遠くの裸眼視力は低下します。そのため、基本的には、利き眼(遠くを見る)ではない眼のみ行います。

既に世界で10万件以上の治療実績があり、多くの方が手術後、老眼鏡無し(裸眼)で新聞を読めるまでに回復しております。アメリカの調査機関が行った調査では、手術後、90%近くの方が、1.0以上の視力を持っていたということです。

老眼治療CKの手術方法

手術の状況

老眼治療CKの手術にかかる時間は、片眼だけのため10分程度と、短時間で終了します。手術前に点眼麻酔を行うため、手術中は痛みを感じることはありません。

当日の所要時間は、手術前の準備(診察や検査など)、手術後の休憩時間を含めて約2時間程度になります。

step.1
●洗眼・点眼麻酔
眼を洗浄し、麻酔の点眼薬を手術する前に付けた後、瞬きしないよう、開眼器でまぶたを固定します。
step.2
●ガイドリングを固定
瞳の中心に合わせて、ガイドリングを固定します。
step.3
●ラジオ波を当てる
ガイドリングに合わせて、ラジオ波を当てます。角膜のコラーゲンを収縮させ、変形させます。
step.4
●保護コンタクトレンズ装着
全体をキレイに洗浄した後、保護用コンタクトレンズを装用し終了です。

老眼治療CKのメリット、デメリット

  • 老眼のみの症状が出ている方を対象に、老眼鏡なしで、本・新聞など、近くを見ることが可能になります。
  • レーシックと違い、角膜を削るわけではないので、再手術や追加手術が容易という点です。
  • 既に世界で10万件以上の治療実績があり、多くの方が手術後、老眼鏡無し(裸眼)で新聞を読めるまでに回復しております。
  • 年齢が、40~65歳位までの方を対象としていますので、以外の方は受けられない。
  • 遠視の矯正には有効ですが、近視・乱視を矯正する事はできない。
  • 角膜中心部の厚みが570μm以下で、中心から6mm付近の厚みが560μm以上の方、角膜曲率半径が41.0D~45.0D以内の方でないと受ける事ができない。
  • 心臓ペースメーカーなど、ラジオ波の影響を受けてしまうような医療機器を利用されている方は、受ける事ができない。
  • 片側の眼だけ手術を行いますので、左右の見え方に違和感があり、慣れるまで、約1ヶ月~3ヶ月掛かります。
  • 個人差はありますが、老眼は進行するものなので、効果は次第に弱まります。再手術も考える必要があります。
  • 長時間の運転を頻繁にする方や、長時間の細かい作業をする方には向きません。特に、長時間のパソコン・読書などには、老眼鏡が必要になります。
  • 老眼鏡と同様に、近くが見やすくなった眼は、遠くの裸眼視力が低下するといったリスクがあります。
  • 「米国Refractec社」から認定されなければなりません。日本では、まだ認定されている医院や眼科専門医が少ない。

検索
レーシック手術・治療
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の医院が集まっているエリアをご紹介



検索
レーシック(LASIK)
 ・視力回復の種類


  • 初期のレーシック
    マイクロケラトームによるレーシックは、10万円を切る値段で提供されています。朗報!

  • イントラレーシック
    初期のレーシックと比べて更に効果の高い治療法です。また、最も行われており、現在、実績№1になります。

  • アイレーシック
    オーダーメイドの視力矯正!わずかな歪みまで矯正できるため、より自然な見え方を実現しています。

  • Zレーシック
    眼の動きを6次元、又は7次元で追尾!レーザー照射の照射時間短縮を実現した最高峰のレーシック!

  • エピレーシック
    角膜が薄い方に朗報!エピケラトームという専用医療器具によって、角膜上皮部分のみに薄い蓋を作成します。

  • ラセック
    角膜が薄い方に朗報!アルコールを使用して、角膜上皮部分のみ薄い蓋を作成します。

  • PRK(ピーアールケイ)
    レーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。現在、角膜ジストロフィなどの治療で活躍!

検索
老眼治療+レーシック
 ・視力回復の種類


  • リーディングアイ
    ピンホール効果で、近くがより快適に見えるようになる治療方法です。現在、人気上昇中!

  • Vue+(ビュープラス)
    「角膜インレー」を片眼だけに挿入し、もう片方の眼には、遠くが見える様に矯正する老眼治療!

  • モノビジョンレーシック
    片方の眼は遠く、もう片方の眼は近くが見える様に調整して、近くも遠くも両方見える様にする老眼治療!

  • プレスビーマックス
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 遠近両用白内障手術
    白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して、老眼や白内障から視力を回復させます。

  • AddOn眼内レンズ
    白内障手術を受けられた方の追加矯正、老眼の症状から回復する事が可能になります。

  • スープラコア
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変形させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 老眼治療CK
    レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。