※レーシック眼科医院選びのポイントとして、手術後のアフターケアが充実していることが重要です。特に、定期検診を行っている。万が一の対応がスムーズである。

レーシック

アフターフォロー体制について

レーシック手術後の定期検診は、眼の異常を早期に発見し、早期に治療する目的でもあります。また、電話やメールなどで相談の受付が実施されている。
※定期検診は、視力の回復状態を知るためです。もし、異常がなくても医院で決められた回数については、受診する事が重要です。

アフターケアの内容をチェック!

レーシックは、手術後の翌日を初めとして、一定期間毎(1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後など)検診を行う必要があります。なぜ検診が必要なのか!?。それは、手術直後から暫くの間、角膜の抵抗力が通常に比べて大変低下しています。

特に感染症が発症しやすい状態にあります。痛みや違和感があれば、すぐに検診や治療することで、病状の進行を未然に防ぐことができます。

しかし、痛くも痒くもないことを理由に、定期検診を怠ると知らず知らずのうちに病状が進行していくこともあります。

定期検診は、眼の異常を早期に発見し、早期に治療する目的でもあり、視力の回復状態を知るためでもあります。大変、重要であることは言うまでもありません。

レーシック手術後のアフターケアの体制は、医院選びの重要なポイントの1つです。しっかりとチェックしましょう。

定期検診の回数と期間をCheck!

定期検診は、レーシック手術の種類によって、回数や期間が異なります。先ずは、自分が受けてみたいと興味のあるレーシックの治療法について、定期的な検診があるのかどうか!?、定期検診の回数と期間を事前に確認して置く必要があります。

一般的なレーシックの定期検診は、①手術翌日、②1週間後、③3ヶ月後と計3回が標準的に組まれています。また、レーシック適応外でエピレーシック・ラセック等の治療法を受けられた場合は、①手術翌日、②2日後、③3日後、④1週間後、⑤1ヶ月後、⑥3ヶ月後と計6回の定期検診が設定されている様です。

特に、エピレーシック・ラセック等については、特別な治療になる為、手術後の経過を慎重に見守る必要があります。一般的なレーシックに比べ、定期検診の回数が多くなります。

医院の定休日をCheck!

レーシック手術後、万が一の為に、日曜日や祭日は定休日ではなく、いつでも眼の状態を把握し、的確に対処できる眼科専門医が常勤している医院であるかどうか!?、が医院選びの重要なポイントの1つになります。

当サイトで、ご紹介する大手レーシッククリニックでは、年末年始は別として、日曜日や祝日は定休日ではありません。特に、平日に休みが取れない方(サラリーマンなど)にオススメの医院になります。

また、平日の火曜日~木曜日の何れか定休日としている医院が多く、同じ医院でも拠点によって、年中無休もあれば、定休日が設定されている拠点もありますので、ご注意下さい。

医院の診察時間をCheck!

レーシック手術後、必ず定期検診で通院しなければなりません。そのため、事前に「診察時間」を確認して置く必要があります。会社帰りなどに通院したい場合、19:30診察終了と20:00診察終了の30分は、仕事に大きく影響してくると思われます。

毎日、仕事が忙しい方にとっては、少しでも診察時間が遅くまで開院している医院を選びたいものです。仕事の調整をせず、通院が可能な医院かどうかをチェックして置く必要があります。

また、どうしても会社帰りに通院する事が困難な方には、当サイトで、ご紹介する大手レーシッククリニックでは、年末年始は別として、日曜日や祝日は定休日ではありません。その為、平日に休みが取れない方(サラリーマンなど)にオススメの医院になります。

いつでも相談が可能かどうかをCheck!

レーシック手術後、完治するまでは、不安です。眼が痛み出したり、視力が低下する等、そのような時、医院では相談を受付る体制が組まれている必要があります。

一般的には、ネットによるWeb相談や診察時間内での相談を受付ています。しかし、24時間いつでも電話連絡が付く体制であれば、より安心ですが、先ず、そのような医院は少ないようです。

しかし、当サイトで、ご紹介する神戸神奈川アイクリニックでは、夜間窓口(23:00まで)電話での対応をして頂けますので、大変、安心です。

この様に、定期検診は、最低でも3回、できれば、土曜日・日曜日・祝日は、開院している、会社帰りに通院が可能な時間帯に診察している、相談を受付る体制があるなどの医院を選ぶことが、失敗しないコツの1つです。




レーシック医院選びのポイント!




検索
レーシック手術・治療
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の医院が集まっているエリアをご紹介



検索
レーシック(LASIK)
 ・視力回復の種類


  • 初期のレーシック
    マイクロケラトームによるレーシックは、10万円を切る値段で提供されています。朗報!

  • イントラレーシック
    初期のレーシックと比べて更に効果の高い治療法です。また、最も行われており、現在、実績№1になります。

  • アイレーシック
    オーダーメイドの視力矯正!わずかな歪みまで矯正できるため、より自然な見え方を実現しています。

  • Zレーシック
    眼の動きを6次元、又は7次元で追尾!レーザー照射の照射時間短縮を実現した最高峰のレーシック!

  • エピレーシック
    角膜が薄い方に朗報!エピケラトームという専用医療器具によって、角膜上皮部分のみに薄い蓋を作成します。

  • ラセック
    角膜が薄い方に朗報!アルコールを使用して、角膜上皮部分のみ薄い蓋を作成します。

  • PRK(ピーアールケイ)
    レーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。現在、角膜ジストロフィなどの治療で活躍!

検索
話題の視力回復治療
 レーシック以外


  • リレックススマイル
    レーシックを越えた次世代の視力矯正術、従来のレーシック治療よりも切開幅が80%も少なく、より安全性を重視される方、必見!

  • ICL(アイシーエル)
    【後房型】レンズを眼内の虹彩と水晶体の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

  • フェイキックIOL
    【前房型】レンズを眼内の角膜と虹彩の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

検索
老眼治療+レーシック
 ・視力回復の種類


  • リーディングアイ
    ピンホール効果で、近くがより快適に見えるようになる治療方法です。現在、人気上昇中!

  • Vue+(ビュープラス)
    「角膜インレー」を片眼だけに挿入し、もう片方の眼には、遠くが見える様に矯正する老眼治療!

  • モノビジョンレーシック
    片方の眼は遠く、もう片方の眼は近くが見える様に調整して、近くも遠くも両方見える様にする老眼治療!

  • プレスビーマックス
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 遠近両用白内障手術
    白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して、老眼や白内障から視力を回復させます。

  • AddOn眼内レンズ
    白内障手術を受けられた方の追加矯正、老眼の症状から回復する事が可能になります。

  • スープラコア
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変形させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 老眼治療CK
    レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。