※レーシック眼科医院選びの最大のポイント、レーシックの名医と呼ばれる優秀なドクターが在籍していることが最も重要!、そして、実績が1万症例以上のドクターに手術をお願いする事!

レーシック

レーシックは経験豊富なドクターに任せる!

優秀なドクターとは!、レーシック症例数が1万症・3万症例以上の経験が豊富なドクターであれば、安心・安全と言う事です。
※ドクターや医院のレーシック症例数は、眼科医院選びのバロメータ!、必ずチェックして置きましょう。

レーシックの優秀なドクター

現在、日本眼科学会では、レーシック治療は、日本眼科学会が認める「日本眼科学会認定専門医」(通称:眼科専門医)が行う事とされています。

その為、治療する際は、眼に関する全般的な知識を持った日本眼科学会認定専門医が執刀している医院をお勧めします。

なぜなら、視力に影響を及ぼすのは、近視・乱視・遠視・老眼だけでなく、他の病気が影響している場合もあるからです。もし、万が一、眼疾患が見つかった場合でも適切なアドバイスや処置が行えるか否かも重要です。

ドクターのレーシック症例数をCheck!

レーシック手術を提供している医院より、執刀医のレーシック症例数をチェックする必要があります。

それは、先ず、お住まいから通院が可能なエリア内にて開院している医院をネット検索(キーワード:地域△レーシック)してみると、必ず、幾つか医院が公開しているホームページが表示されるはずです。

そして、ホームページより医院のレーシック累積症例数やドクター情報(経験年数・レーシック症例数等)を閲覧することができます。実績が公開されていない医院については、恐らく、数百程度と推測しますが、どうしても気になる様であれば、直接、ホームページの質問もしくは相談コーナー等にて、医院の累積症例数や執刀医の実績を問合せる方法もあります。

もし、質問に対する回答に時間が掛かったり、明快な回答が得られず内容に疑問が残る場合、対応に誠心誠意が見られない等、不安を感じた場合は、取り合えず、その医院は、止めた方が無難でしょう。

結構、保険診療が主目的でレーシックは、時代の流れで、ここ数年で実施している医院が見受けられます。その様な医院では、レーシックの経験も浅く、症例数を公開する程ではない様です。この様な医院はどうかと思います。また、経験豊富な実績をお持ちの医院であれば、必ず、ホームページで公開されているはずです。

レーシック手術で失敗や難民にならない為にも、レーシック症例数は、医院選びの重要なポイントの1つです。しっかりとチェックしましょう。

レーシック症例数の目安

レーシック手術の症例数が、どれくらいの経験なら問題はないの!?、と思われるでしょう。それは、症例数3万件、5万件というドクターは、日本では、十数名しか存在しません。そう考えると目安⇒1万症例以上のレーシック症例数を誇る経験の眼科専門医によるレーシック治療が行われれば、先ずは大丈夫だと考えます。

1万症例以上を基準とした理由には、1年間で約1,200名(1日5名×20日×12ヶ月)の患者に対して、レーシックの手術を実施した場合、もし、1万症例以上の実績を積む為には、約10年以上の経験が必要になります。何事にも10年、続ければ、プロフェッショナルであると確信しています。

当サイトで、ご紹介する大手レーシッククリニックでは、1万症例以上の豊富な経験を持つドクターが在籍しています。レーシック名医ランキングで紹介しております。

ホームページで公開している院内の累積症例数が数万症例以上で且つ、執刀医のレーシック症例数が1万症例以上の経験豊富な眼科専門医が多数在籍する医院を選ぶことが、レーシックで失敗しない為のコツと考えます。

大手レーシッククリニックの症例数

下記、ご紹介する大手レーシッククリニックでは、レーシック症例数が7万症例以上、4万症例以上、3万症例以上など、症例数が他の医院より桁違いに多く経験豊富な眼科専門医が多数在籍しています。

また、実績からも分かるように、安心してご紹介できる眼科医院・レーシッククリニックになります。

品川近視クリニックの症例数


レーシック累積症例数125万症例突破(2018年時点)している品川近視クリニックでは、多数のドクターが集結しています。他を寄せ付けずレーシック業界随一の実績を誇っています。

また、5万症数例以上、3万症数例以上、1万症数例以上といったトップクラスのドクターが多数在籍し、平均すると1人約1万症例の豊富な経験を持つドクターが在籍することになります。ご紹介する医院の中でもドクターの在籍人数は、トップです。

【公式サイト】
品川近視クリニック



神戸神奈川アイクリニックの症例数


レーシック累積症例数46万症例以上(2017年時点)の神戸神奈川アイクリニックでは、視力回復手術の分野で5年以上の豊富なキャリアを有するドクターが数多く在職しています。

公式ホームページでは、公開されていませんが、調査の結果、
北澤院長(4.5万症例以上)、澤井医師(3万症例以上)、レーシックの名医が揃っています。

【公式サイト】
神戸神奈川アイクリニック



新宿近視クリニックの症例数


国内でも十数名しか存在しないレーシック治療3万症例以上の経験を持つゴッドハンド刈谷医師が在籍しています。また、飯野医師(3万症例以上)レーシックの名医が揃っています。

開院(開業:2010年)して間もないレーシッククリニックですが、レーシック累積症例数10万症例(2018年1月末現在)を越え、着実に人気と実績を増やしています。

【公式サイト】
新宿近視クリニック



レーシック医院選びのポイント!




検索
レーシック手術・治療
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の医院が集まっているエリアをご紹介



検索
レーシック(LASIK)
 ・視力回復の種類


  • 初期のレーシック
    マイクロケラトームによるレーシックは、10万円を切る値段で提供されています。朗報!

  • イントラレーシック
    初期のレーシックと比べて更に効果の高い治療法です。また、最も行われており、現在、実績№1になります。

  • アイレーシック
    オーダーメイドの視力矯正!わずかな歪みまで矯正できるため、より自然な見え方を実現しています。

  • Zレーシック
    眼の動きを6次元、又は7次元で追尾!レーザー照射の照射時間短縮を実現した最高峰のレーシック!

  • エピレーシック
    角膜が薄い方に朗報!エピケラトームという専用医療器具によって、角膜上皮部分のみに薄い蓋を作成します。

  • ラセック
    角膜が薄い方に朗報!アルコールを使用して、角膜上皮部分のみ薄い蓋を作成します。

  • PRK(ピーアールケイ)
    レーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。現在、角膜ジストロフィなどの治療で活躍!

検索
話題の視力回復治療
 レーシック以外


  • リレックススマイル
    レーシックを越えた次世代の視力矯正術、従来のレーシック治療よりも切開幅が80%も少なく、より安全性を重視される方、必見!

  • ICL(アイシーエル)
    【後房型】レンズを眼内の虹彩と水晶体の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

  • フェイキックIOL
    【前房型】レンズを眼内の角膜と虹彩の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

検索
老眼治療+レーシック
 ・視力回復の種類


  • リーディングアイ
    ピンホール効果で、近くがより快適に見えるようになる治療方法です。現在、人気上昇中!

  • Vue+(ビュープラス)
    「角膜インレー」を片眼だけに挿入し、もう片方の眼には、遠くが見える様に矯正する老眼治療!

  • モノビジョンレーシック
    片方の眼は遠く、もう片方の眼は近くが見える様に調整して、近くも遠くも両方見える様にする老眼治療!

  • プレスビーマックス
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 遠近両用白内障手術
    白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して、老眼や白内障から視力を回復させます。

  • AddOn眼内レンズ
    白内障手術を受けられた方の追加矯正、老眼の症状から回復する事が可能になります。

  • スープラコア
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変形させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 老眼治療CK
    レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。