※レーシック手術後の定期検診は、基本的に「完全予約制」になります。医院によって、回数や間隔が異なります。無料で行っている医院が多くなりました。


定期検診で目の状態を経過観察!

レーシック手術後の定期検診は、重要!、手術後の回復状態を知る為でもあり、また、合併症や感染症の早期発見の為にも非常に大切です。
※定期検診は、レーシックの種類によって、間隔と回数が異なります。検診を怠ると、取り返しのつかない重篤な状態に陥る可能性があります。

定期検診は何回必要?

レーシック手術後は、必ず定期検診を受ける必要があります。医院やレーシックや治療の種類によって、回数や間隔が異なりますが、最低でも手術後の翌日、1週間後、3ヶ月後の3回になります。

定期検診は、基本的に「完全予約制」になります。所要時間は、来院してから医院を退院するまで、約2時間程です。

※例えば、神戸神奈川アイクリニックの場合
アイレーシックは、手術翌日・1週間後・1年後の計3回
フェイキックIOLは、手術翌日・翌々日・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後・6ヵ月後・1年後・2年後・3年後の計9回の定期検診を予定しています。

この様に、レーシックや治療の種類によって、かなりの違いがあります。

定期検診の内容

レーシック手術後の定期検診は、適応検査とほぼ同様に約10種類の検査を行い、検査の結果、ドクターより手術後の目の状態を告げられ、今後の対応についてアドバイスしてくれます。

私の場合は、フラップのズレもなく、症状は安定して、視力も両眼で1.5程に回復しています。今後、しばらくは、目を触ったり、特に擦らないように注意して下さい。フラップの安定(密着)まで半年以上かかります。

また、目が乾燥させないよう1日に数回の点眼を忘れずに行って下さい。等、アドバイスをして頂きました。そして、現在の目の状態に合わせて、目薬を処方してくれます。

レーシック手術後の定期検診は、手術を行った医院で受診しなければいけないという事はありません。遠方から手術を受けられた方は、通院に掛かる交通費や時間的にも大変です。その様な方に対して、お住まいより通院が可能な医院を紹介してくれたりもします。

定期検診の目的

もし、レーシック手術後の定期検診を怠ると、気が付かないうちに症状が進行し悪化している場合もあり、結局、取り返しのつかない重篤な状態に陥る可能性がある、との事です。

レーシック手術後の定期検診は、そのような症状を早期に発見し、症状が悪化する前に適切な治療を行うことを目的としています。レーシック失敗や難民にならない為にも、定期検診は重要です。

定期検診に2時間程かかる為、面倒だと思う方もいらっしゃいます。例え、自身の判断で、痛みがないから問題はないと判断せず、手術後の定期検診はきちんと受診して下さい。と医院から事前に説明がありました。

高い費用を支払って、ようやくして、視力が戻ったのですから、視力をこのまま維持して行く為にも、定期検診は受けるべきだと思います。

定期検診は無料!?

定期検診は、回数と期間内であれば、無料で行っている医院が多くなりました。しかし、別途、料金(相場:約1,000~12,000円程)が必要になる医院もありますので、要注意!

私の場合は、レーシック手術後の定期検診は、全て無料(手術代に全て含まれています)でした。発生する費用は、医院へ通院する為の交通費のみでした。

また、受診さえすれば、眼の状態に合わせた目薬を無料で処方して頂ける為、お財布にも大変優しいです。一度、薬局で同じものを確認すると、市販の薬局で購入すれば、1回5,000円程度おトクでした。定期検診を受けなきゃ損!、ということを言いたいです。




レーシック治療の手順 メニュー




検索
レーシック手術・治療
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の医院が集まっているエリアをご紹介



検索
レーシック(LASIK)
 ・視力回復の種類


  • 初期のレーシック
    マイクロケラトームによるレーシックは、10万円を切る値段で提供されています。朗報!

  • イントラレーシック
    初期のレーシックと比べて更に効果の高い治療法です。また、最も行われており、現在、実績№1になります。

  • アイレーシック
    オーダーメイドの視力矯正!わずかな歪みまで矯正できるため、より自然な見え方を実現しています。

  • Zレーシック
    眼の動きを6次元、又は7次元で追尾!レーザー照射の照射時間短縮を実現した最高峰のレーシック!

  • エピレーシック
    角膜が薄い方に朗報!エピケラトームという専用医療器具によって、角膜上皮部分のみに薄い蓋を作成します。

  • ラセック
    角膜が薄い方に朗報!アルコールを使用して、角膜上皮部分のみ薄い蓋を作成します。

  • PRK(ピーアールケイ)
    レーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。現在、角膜ジストロフィなどの治療で活躍!

検索
話題の視力回復治療
 レーシック以外


  • リレックススマイル
    レーシックを越えた次世代の視力矯正術、従来のレーシック治療よりも切開幅が80%も少なく、より安全性を重視される方、必見!

  • ICL(アイシーエル)
    【後房型】レンズを眼内の虹彩と水晶体の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

  • フェイキックIOL
    【前房型】レンズを眼内の角膜と虹彩の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

検索
老眼治療+レーシック
 ・視力回復の種類


  • リーディングアイ
    ピンホール効果で、近くがより快適に見えるようになる治療方法です。現在、人気上昇中!

  • Vue+(ビュープラス)
    「角膜インレー」を片眼だけに挿入し、もう片方の眼には、遠くが見える様に矯正する老眼治療!

  • モノビジョンレーシック
    片方の眼は遠く、もう片方の眼は近くが見える様に調整して、近くも遠くも両方見える様にする老眼治療!

  • プレスビーマックス
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 遠近両用白内障手術
    白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して、老眼や白内障から視力を回復させます。

  • AddOn眼内レンズ
    白内障手術を受けられた方の追加矯正、老眼の症状から回復する事が可能になります。

  • スープラコア
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変形させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 老眼治療CK
    レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。