老眼治療は、年々進化を遂げ治療の幅が拡大!、数年前まで、白内障手術が主流!、現在、レーシックと組合わせた近視・乱視・遠視、老眼を同時に治療できる方法が提供されています。


老眼の症状で長年、お困りの方、必見!

老眼の症状で、お困りの方、朗報!、
現在、患者一人ひとりの症状に最適とされる治療が提供されています。煩わしい老眼鏡から卒業です。
※あなたの老眼の症状は、白内障!?、それとも老眼鏡でないと小さな文字が見えませんか!?、現在、何れも治療が可能なんです。

老眼治療の過去と今!

長年、老眼は加齢とともに発症するもの、だから誰にでも起こるもの、だから、どうにもならないと思っていた方、老眼鏡をいつも手元に置き手放せない、いつも眼を細めて頑張って居られる方、白内障で見えづらい方など、朗報です。

今迄、日常生活でお困りの方、手術を受ければ、煩わしい老眼から解放される時代になりました。しかも、短時間(片眼10分~30分程)の手術で殆どの方が視力を回復します。

これまで、白内障の場合は、保険適応の単焦点眼内レンズ(近く、遠くの何れか選択)による治療が主流で、年間約100万人の方が治療を受けて居られると言う事です。しかし、老眼鏡は手放す事はできませんでした。

2004年頃から行われるようになった老眼治療CK(伝導式角膜形成術)は、メスは一切使用せず、老眼を治療する事ができる様になりました。老眼鏡から卒業する事はできました。しかし、遠視の矯正には有効ですが、近視・乱視を矯正する事はできないなどのデメリットもあり、多くの方を治療する事ができませんでした。

そして、ようやく2009年頃からは、従来のデメリットを改良して老眼に対応したレーシック治療として、品川近視クリニックよりレーシックカメラ(現:リーディングアイ・プラスと同等)、プレスビーマックスの治療が始まりました。

また、神戸神奈川アイクリニックでは、モノビジョンレーシック、錦糸眼科では、スープラコア、現在、閉院しましたので、国内でスープラコアの治療を提供している医院は不明です。

そして、多焦点眼内レンズ(保険適応外:近く、遠くの両方対応)による遠近両用白内障治療についても力を注がれ、老眼のみの治療や近視・乱視と老眼を同時に治療する等、より患者の眼の状態に合わせた治療法が確立してきています。

2013年頃からは、新宿近視クリニックよりVue+(ビュープラス)の老眼治療が開始されました。

2014年頃からは、神戸神奈川アイクリニックよりAddOn眼内レンズの老眼治療が開始されました。

2016年、白内障治療に於いて、保険適応外の多焦点眼内レンズが先進医療特約対応になり生命保険加入者は、実質0円で治療が受けられるようになります。年々、医療の進歩に伴い、老眼治療の幅が拡大している現状です。

現在、日本では、65歳以上の方が3000万人を越え、4人に1人が高齢者と言う時代になりました。これからは、高齢者のニーズの高まりにより、更なる老眼治療の開発が進む事でしょう。

その他、最新の老眼治療について

  • 老眼とは!?
    老眼とは、年齢と共に水晶体の弾力性が衰え、水晶体の厚みを変えることが難しくなる症状のことです。40歳を越えた頃から症状が出始め、50歳を過ぎると、はっきりと老眼の症状が現れます。現在、老眼は治療をすれば見える様になります。

  • 老眼治療の種類
    老眼治療には、複数の種類があります。中には、老眼だけでなく、近視・乱視を同時に行える画期的な屈折矯正が提供されています。また、医院によって、老眼治療の種類が異なりますので、自身に合った治療を見つける事が重要です。

  • 老眼治療の費用比較一覧
    老眼治療の費用は、レーシックに比べて高めです。特に遠近両用白内障手術では、医院によっては、100万円を越える老眼治療になります。また、レーシックと組合わせた老眼治療では、20万円台~40万円台が主流ですが、まだまだ高額です。

  • 老眼治療 無料説明会
    老眼治療の無料説明会を開催している医院が数多くあります。老眼でお困りの方や老眼治療に興味のある方には、説明会をお勧めします。老眼治療の内容を知る事で、自身に合う治療がきっと見付かると考えています。


検索
レーシック手術・治療
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の医院が集まっているエリアをご紹介



検索
レーシック(LASIK)
 ・視力回復の種類


  • 初期のレーシック
    マイクロケラトームによるレーシックは、10万円を切る値段で提供されています。朗報!

  • イントラレーシック
    初期のレーシックと比べて更に効果の高い治療法です。また、最も行われており、現在、実績№1になります。

  • アイレーシック
    オーダーメイドの視力矯正!わずかな歪みまで矯正できるため、より自然な見え方を実現しています。

  • Zレーシック
    眼の動きを6次元、又は7次元で追尾!レーザー照射の照射時間短縮を実現した最高峰のレーシック!

  • エピレーシック
    角膜が薄い方に朗報!エピケラトームという専用医療器具によって、角膜上皮部分のみに薄い蓋を作成します。

  • ラセック
    角膜が薄い方に朗報!アルコールを使用して、角膜上皮部分のみ薄い蓋を作成します。

  • PRK(ピーアールケイ)
    レーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。現在、角膜ジストロフィなどの治療で活躍!

検索
話題の視力回復治療
 レーシック以外


  • リレックススマイル
    レーシックを越えた次世代の視力矯正術、従来のレーシック治療よりも切開幅が80%も少なく、より安全性を重視される方、必見!

  • ICL(アイシーエル)
    【後房型】レンズを眼内の虹彩と水晶体の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

  • フェイキックIOL
    【前房型】レンズを眼内の角膜と虹彩の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

検索
老眼治療+レーシック
 ・視力回復の種類


  • リーディングアイ
    ピンホール効果で、近くがより快適に見えるようになる治療方法です。現在、人気上昇中!

  • Vue+(ビュープラス)
    「角膜インレー」を片眼だけに挿入し、もう片方の眼には、遠くが見える様に矯正する老眼治療!

  • モノビジョンレーシック
    片方の眼は遠く、もう片方の眼は近くが見える様に調整して、近くも遠くも両方見える様にする老眼治療!

  • プレスビーマックス
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 遠近両用白内障手術
    白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して、老眼や白内障から視力を回復させます。

  • AddOn眼内レンズ
    白内障手術を受けられた方の追加矯正、老眼の症状から回復する事が可能になります。

  • スープラコア
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変形させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 老眼治療CK
    レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。