※老眼とは、年齢と共に水晶体の弾力性が衰え、水晶体の厚みを変えることが難しくなる症状!、40歳を越えた頃から症状が出始め、50歳を過ぎると、はっきりと老眼の症状が現れます。


老眼チェック!

実際、自身が老眼であるか気付きにくいものです。もし、本や新聞を読む時、思わずメガネを外していませんか!、それは老眼が始まっているのかもしれません。
※最近では、スマホの使い過ぎによるスマホ老眼が若者に急増!。時代と共に、老眼の進行は変わりつつあります。

老眼とは

老眼とは、年齢とともに水晶体の弾力性が衰え、水晶体の厚みを変えることが難しくなる症状のことです。

本来は、近くを見る場合は、水晶体を厚くしてピントを合わせ、遠くを見る時は、逆に水晶体を薄くしてピントを合わせるのです。

通常、老眼の症状が出始めるのが、40歳を過ぎる頃(平均で42、43歳)、50歳代になると、ある程度、はっきりと老眼の症状が現れます。特に「小さい文字を見る時は、少し遠くに離すと見えやすくなる」等の症状が代表的です。

また、見えづらいのを我慢して、頑張ってこられた方は、特に進行が早いと言われています。 ただ少しづつ進む為、「ここから老眼」という明確な基準がなく、感じ方には個人差がありますが、加齢とともに起きる老眼は、誰もが避けては通れないのです。

老眼を少しでも遅らせる方法

老眼を少しでも遅らせる為には、「姿勢は正しく」、「読書をする時は、明るい場所で」、「長時間、眼を酷使せず適宜、遠くを見る等して眼を休める」、「眼を楽にさせる為に視力の合うメガネ等を掛ける」「喫煙の方は、禁煙する」、「紫外線は、老化の原因の為、サングラスを使用する」等、他にも様々ありますが、先ず、出来る事から実行してみては如何でしょうか。

老眼であるか簡単チェック

実際に老眼かどうかをチェックする簡単な方法として、本からどれくらい離せば、文字にピントが合うかをチェックします。30㎝以内なら、取り合えず問題なし、しかし、30㎝を超えると老眼が進行していると言われています。もし老眼かな!?、と思ったら、是非、試してみて下さい。

若年層にも老眼の症状が増えている

近年、パソコンや携帯メール、スマホを頻繁に使う人が急増しており、以前と比べて、かなり眼を酷使している若年層に老眼の症状が増えています。

それにより、水晶体自体は弾力性があっても、水晶体を調節する毛様体筋に負担がかかり、正常に機能しなくなります。

その結果、早い方では、30歳代でも近くが見えづらくなる老眼の症状が出ている例が増えていると言われています。常に近くを見過ぎる事が原因の為、適宜、遠くを見る等して、眼の緊張を和らげる必要があります。

近視の方は、老眼の症状に気付きにくい

また、近視の方は、ある程度、近くが見える為、老眼が進行している事に気が付きにくいと言われています。

しかし、近視の方でも、メガネを掛けたまま新聞や本が読みにくくなり、メガネを外さなければ見えない様になった場合、それは、老眼の症状が出ていると言えます。

近視レーシックのはずが老眼治療を受ける事に

40歳前後の方で、レーシックを受ける為に来院したにも関わらず、適応検査の結果、老眼治療を勧められるというケースが多く見られる。私もその一人です。自分が老眼が進行している事に全く気が付いていませんでした。

その為、40歳を過ぎた方は、特に、レーシックに拘るのではなく、老眼治療に適合することも念頭に置く必要があります。

過去にレーシックを受けた方の老眼治療

老眼対応のレーシックが提供されていない時期に、既に老眼が始まっている方がレーシック手術を受けて近視を矯正された場合、遠くは非常によく見えるようになっても、レーシック手術を受ける前までは見えていた手元が見えづらくなったように感じる!というお話をよく聞きます。

これは、レーシックを受けた結果、老眼が進んでいることに初めて気が付くというケースで、「レーシック手術が原因で老眼が進んだ」ということではありません。

当時(2009年頃以前)、老眼に対応するレーシックが行われていない為、このような方が多く居られます。しかし、現在では、そのような方についても、最新の老眼治療を行うことで解決しています。ここ数年で、かなりの技術進歩が伺えます。

その他、最新の老眼治療について

  • 老眼治療の種類
    老眼治療には、複数の種類があります。中には、老眼だけでなく、近視・乱視を同時に行える画期的な屈折矯正が提供されています。また、医院によって、老眼治療の種類が異なりますので、自身に合った治療を見つける事が重要です。

  • 老眼治療の費用比較一覧
    老眼治療の費用は、レーシックに比べて高めです。特に遠近両用白内障手術では、医院によっては、100万円を越える老眼治療になります。また、レーシックと組合わせた老眼治療では、20万円台~40万円台が主流ですが、まだまだ高額です。

  • 老眼治療 無料説明会
    老眼治療の無料説明会を開催している医院が数多くあります。老眼でお困りの方や老眼治療に興味のある方には、説明会をお勧めします。老眼治療の内容を知る事で、自身に合う治療がきっと見付かると考えています。

  • 老眼治療の現状
    老眼治療は、年々進化をしています。数年前まで、老眼治療は、白内障手術が主流でした。しかし、2009年頃からはレーシックと組合わせた近視・乱視・遠視、老眼を同時に治療できる画期的な方法が提供されています。


検索
レーシック手術・治療
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の医院が集まっているエリアをご紹介



検索
レーシック(LASIK)
 ・視力回復の種類


  • 初期のレーシック
    マイクロケラトームによるレーシックは、10万円を切る値段で提供されています。朗報!

  • イントラレーシック
    初期のレーシックと比べて更に効果の高い治療法です。また、最も行われており、現在、実績№1になります。

  • アイレーシック
    オーダーメイドの視力矯正!わずかな歪みまで矯正できるため、より自然な見え方を実現しています。

  • Zレーシック
    眼の動きを6次元、又は7次元で追尾!レーザー照射の照射時間短縮を実現した最高峰のレーシック!

  • エピレーシック
    角膜が薄い方に朗報!エピケラトームという専用医療器具によって、角膜上皮部分のみに薄い蓋を作成します。

  • ラセック
    角膜が薄い方に朗報!アルコールを使用して、角膜上皮部分のみ薄い蓋を作成します。

  • PRK(ピーアールケイ)
    レーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。現在、角膜ジストロフィなどの治療で活躍!

検索
話題の視力回復治療
 レーシック以外


  • リレックススマイル
    レーシックを越えた次世代の視力矯正術、従来のレーシック治療よりも切開幅が80%も少なく、より安全性を重視される方、必見!

  • ICL(アイシーエル)
    【後房型】レンズを眼内の虹彩と水晶体の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

  • フェイキックIOL
    【前房型】レンズを眼内の角膜と虹彩の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

検索
老眼治療+レーシック
 ・視力回復の種類


  • リーディングアイ
    ピンホール効果で、近くがより快適に見えるようになる治療方法です。現在、人気上昇中!

  • Vue+(ビュープラス)
    「角膜インレー」を片眼だけに挿入し、もう片方の眼には、遠くが見える様に矯正する老眼治療!

  • モノビジョンレーシック
    片方の眼は遠く、もう片方の眼は近くが見える様に調整して、近くも遠くも両方見える様にする老眼治療!

  • プレスビーマックス
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 遠近両用白内障手術
    白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して、老眼や白内障から視力を回復させます。

  • AddOn眼内レンズ
    白内障手術を受けられた方の追加矯正、老眼の症状から回復する事が可能になります。

  • スープラコア
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変形させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 老眼治療CK
    レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。