※レーシックの費用は、医院の規模で違います。大きく分けて、大手レーシッククリニック、一般の眼科医院、大学病院の3つに分かれます。その中でも、大手レーシッククリニックがおトク!


レーシックの費用は医院の規模で異なる!

大手レーシッククリニックでは、リーズナブルな価格をアピール!、しかし、個人事業の一般眼科医院・大学病院では、少々高めです。
※医院によって、一長一短あります。しかし、特に、レーシックの種類が豊富な医院をお勧めします。

レーシックを提供している医院の規模とは!?

レーシック手術を受ける場合、どの医院で手術をお願いすれば良いのか迷われていると思います。私もそうでした。まして、レーシックは、自由診療であり、残念ながら国民健康保険が適用されない為、「全額自己負担」となり高額の費用を支払うことになります。

そこで、安全で且つリーズナブルな価格でレーシックを受けるには、どうすれば良いのか考えるばかりです。いろいろとネット等で調べて行くと、レーシック手術は、「医院の規模」により費用が結構、違うことが分かりました。

では、その医院の規模とは、一体なんなのか?、それは、大きく分けて3つに区分して見ました。すると、「大手レーシッククリニック」、「一般の眼科医院」、「大学病院」に分けて、レーシックの費用を比較して見ると以下の通りになります。参考まで!

大手レーシッククリニックで受けた場合の費用

レーシックを専門としている大手眼科医院で、レーシックを受けた場合の費用とメリット・デメリットについて、ご紹介しています。

一般の眼科医院や大学病院の様に眼の病気など治療を目的としている保険適応の医院とは異なり、視力回復の為の手術を目的としている位置づけになります。一部、保険診療を行っている医院もあります。

レーシックの費用:
 7~40万円


大手レーシッククリニックとは、当サイトで、ご紹介している下記の医院を位置付けています。オススメの医院!

価格帯は、マイクロケラトームによる初期の近視レーシックが7万円台~始まり、主に10万円台、20万円台の治療が主流となっています。

また、医院では、レーシックを専門としている為、手術の件数については、他の一般眼科や大学病院と比べると圧倒的に多く、レーシック手術の9割を占めていると言われています。

即ち、手術の件数が多い理由として考えられることは、先ず、レーシックの種類や他の治療の方法が多く、殆どの方に対応する治療が用意されています。また、ネットの口コミや体験者からの紹介などで患者を集めている事が考えられます。

品川近視クリニックでは、120万症例以上といった医院もあり、人気と信頼度が高いと言うことにも繋がります。患者が多いと言う事で、経営的にも安定しており、3つの医院規模の中で最もリーズナブルな価格で、レーシックを提供しています。

大手レーシッククリニックのメリット!
  • レーシックの費用が、断然、安い。
  • レーシックの種類や他の治療法が豊富である。
  • レーシック手術の実績が豊富である為、安心である。
  • 適応検査・定期検診を無料としているところが多い。
  • 最新の医療機器が設置されているところが多い。
  • 特典・サービスを数多く提供している。
  • 無料の説明会が実施されている。
  • 駅から数分と言う立地で開院しており、交通のアクセスが良い。
大手レーシッククリニックのデメリット!
  • 一部の医院では、患者数が多い為、流れ作業的なところがある。
  • 一般の眼科や大学病院と比べて、個別対応が不十分のところがある。
  • レーシック手術・老眼治療以外の眼の病気など一般診療には、対応してもらえないことが多い。
  • 掛かり付けの医院ではないので、コミュニケーションがとり難い、少し不安である。

レーシックを一般の眼科医院で受けた場合の費用

殆どが眼の病気などを治療目的としている保険診療の一般の眼科医院で、レーシックを受けた場合の費用とメリット・デメリットについて、ご紹介しています。

一般的には、何か目に異常かあった場合の掛かり付けとしている方が多く、町医者の位置づけになります。

レーシックの費用:
20~50万円


一般の眼科医院とは、拠点を持たない個人経営であり、保険診療を主体とし、レーシック手術の比率が低い医院になります。

規模の大きい眼科医院は別として、一般的な眼科医院では、レーシックを主体としていないところが多く、旧型の設備を使用している医院が殆どです。その為、大手レーシッククリニックと比べて、レーシック手術の件数もかなり少ない様です。よって、レーシックの費用は高めに設定されていることが多い。

また、レーシックの種類や治療法も少なく限られている為、手術前の適応検査を受けても自身の眼の状態に最適とされる視力回復の方法が見つからない場合が多々あります。

そして、レーシック手術の費用とは別に、手術前の適応検査や手術後の眼薬代や定期検査に費用(プラス3~5万円)が必要になる医院が多い様です。

最近では、レーシックよりもどちらかと言えば、老眼治療で人気のある高額(約70万円~約100万円)の費用が発生する白内障手術などに力を注がれている医院が多く見られます。若者よりもお金をお持ちの年配者にターゲットを絞った様にも感じられます。

一般の眼科医院のメリット!
  • 掛かり付けの眼科の場合は、安心感がある。
  • 眼科治療の全般について、相談・診察してもらえる。
  • 最初から最後まで一人のドクターに対応してもらえるという安心感がある。
一般の眼科医院のデメリット!
  • ドクターの技量にバラツキがある。
  • 個人の医院が多い為、医療設備が古いところが多い。
  • 衛生管理が徹底されているかが不安である。
  • 保険診療が専門である為、レーシックの実績が少ない。
  • レーシックの種類が少ない為、個人個人に最適な治療ができないところがある。
  • レーシック手術を受ける人数が少ない為、レーシックの費用の高いところが多い。

レーシックを大学病院で受けた場合の費用

殆どが特殊な眼の病気などを治療目的としている大学病院で、レーシックを受けた場合の費用とメリット・デメリットについて、ご紹介しています。

一般の眼科医院とは異なり、掛かり付けとしている方は少なく、一般の眼科医院より紹介状を持って、高度な治療を目的としています。その為、先進医療的な特殊な治療を行っている位置づけになります。

レーシックの費用:
30~60万円


大学病院では、大手レーシッククリニックと比べて、手術の件数は、かなり少ない。その為、レーシックの費用は、高いところが多い。また、大学と言うブランドが高くさせていると考えます。一般の眼科医院よりも更に割高のようです。

そして、レーシック手術費用とは別に、手術前の適応検査や手術後の眼薬代や定期検査に費用(プラス3~5万円)が必要になる大学病院が多い様です。但し、大学病院と言うこともあり、何か問題があった場合には、受け入れ体制が期待できます。

最近では、レーシックよりもどちらかと言えば、一般の眼科医院と同様に老眼治療で人気のある高額(約70万円~約100万円)の費用が発生する白内障手術などに力を注がれている大学病院が多く見られます。若者よりもお金をお持ちの年配者にターゲットを絞った様にも感じられます。

大学病院のメリット!
  • 大学病院という安心感がある。
  • 眼科治療の全般について、相談・診察してもらえる。
  • 最初から最後まで一人のドクターに対応してもらえるという安心感がある。
大学病院のデメリット!
  • レーシックの症例数が少ないところが多い。
  • レーシックの費用が、かなり高いところが多い。
  • レーシックの種類が少ない為、個人個人に最適な治療ができないところがある。
  • バスなどを利用しないと行けない場所に立地している場合が多く、交通のアクセスが不便なところが多い。

レーシックを提供している3つの医院規模の費用を検証

レーシックの費用を3つの医院規模(大手レーシッククリニック・一般の眼科医院・大学病院)について検証しています。あくまでも管理人の所見によるものです。ご了承下さい。

管理人の所見
レーシックの費用 検証!


3つの医院規模を総合的に比較して見た結果、レーシックの費用の安さ、レーシックの種類の多さ、交通のアクセスが良い等では、大手のレーシッククリニックがお勧めです。

しかし、この様な大手レーシッククリニックは、都市に集中している為、地方にお住まいの方は、適応検査、手術や定期検査などで通院することが大変困難です。

尚更、仕事の忙しい方は休めない、小さなお子さんが居られる方は自身が面倒を看なければならない等、遠出やましてや宿泊を伴う場合は、支障をきたします。また、時間と費用が、近隣の方に比べて必要になります。

そこで、遠出は支障を来す為、レーシックの費用が少し高くても仕方がないと考えの方で、掛かり付けの一般の眼科医院・大学病院をお持ちで有れば、一度、お近くで相談して見るのも良いかと思われます。

しかし、どうしても、レーシックの費用は安く抑えたい、掛かり付けの眼科をお持ちでないと言う方で有れば、大手レーシッククリニックをお勧めします。医院によっては、宿泊費を割引きで利用できたり、託児所を低料金で利用できたりします。おトクです。

また、大手レーシッククリニックでは、7万円台~で実施している初期の近視レーシック(マイクロケラトーム)と同等の施術に対して、一般の眼科医院では、30万円、某大学病院では、50万円と表記されているところを見かけます。約4~7倍以上、費用の差額が発生しています。

この様に、レーシックの患者が少ない一般の眼科医院・大学病院では、大手レーシッククリニックとの費用の格差が諸に出ているのが現状です。

ここ数年で、一般の眼科医院・大学病院では、医療機器の維持管理が経営を圧迫し、レーシック手術を取り止めているところも多くなっています。これから、増々加速していくと思われます。

その影響かどうかは分かりませんが、最近では、安価で行われているレーシックよりも、老眼治療による白内障手術といった高額(約70~約100万円)の費用が発生する治療のみを扱う一般の眼科医院や大学病院が増えて来ています。

しかしながら、こう言った、老眼治療は、既に大手レーシッククリニックでも導入しており、あらゆる方の対応が可能です。また、治療法が選べる様にもなっている医院があります。そして、一部、リーズナブルな料金で治療を開始しています。

今や大手レーシッククリニックの独壇場とも言える状況が続いており、これから先も レーシックや老眼治療、他の治療法について、変わらない図式を展開していくと推測します。

その他、レーシックの費用について

  • レーシック手術費用の実態
    レーシック手術費用の内容とレーシック業界の相場についてご紹介しています。手術費用は、高機能な医療機器(数億円とも言われるレーザー装置)を使用する為、まだまだ高額です。また、価格競争の結果、医院の規模によっては、価格の格差が発生しています。

  • レーシックとコンタクトレンズの費用比較
    レーシックとコンタクトレンズを比較すると長期的な観点からレーシックの方がおトクです。レーシックは、コンタクトレンズと比べて一時的に高額の費用は発生しますが、多くのメリットがあります。コンタクトレンズは、使い続けると眼に異常を来す危険性が高いとされています。

  • レーシックの料金設定を検証
    レーシックの料金設定は、レーシックの種類によって様々です。アイレーシックやアマリスなどの様に見え方の質が上がれば、料金設定は高くなります。しかし、初期の近視レーシックは、リーズナブルな価格で提供され、10万円を切るなど価格破壊!、大変おトクです。

  • レーシックの追加費用の実態
    レーシックの追加費用の内容について、ご紹介しています。追加費用は、医院によって様々です。そして、手術費用は、まだまだ高額になります。予め何が追加費用なのかチェックして置く必要があります。費用の面で失敗しない為にも大変重要です。

  • レーシック適応検査が無料
    レーシック手術前の適応検査の費用を有料とする医院が殆どです。しかし、当サイトでご紹介している大手レーシッククリニックでは、無料で実施しています。レーシックは、高額の手術費用が必要になります。費用を少しでも抑えたい方、朗報です。

  • レーシックで保険は利用できるのか!?
    レーシックは、国民健康保険の対象外になります。しかし、民間で行っている生命保険会社では、対象の商品が多くありました。最近では、レーシックの人気により受けられる方が急増した結果、殆どがレーシック対象外の商品になっています。(私事ですが、10万円貰えました)

  • レーシックの医療費控除
    レーシックで発生した費用は、医療費控除の対象になります。確定申告する事で、払い過ぎた医療費が戻って来ます。また、交通費、宿泊や託児所の利用料金なども対象になります。サラリーマンの方、確定申告を忘れずにしましょう。レーシックの費用を少しでも抑えたい方に朗報です。

  • レーシックモニター募集
    レーシックのモニター制度は、モニター条件をクリアすれば、無料もしくは割引で受けられる最大の特典です。運が良ければ無料でレーシックが受けられます。モニター募集している医院をご紹介します。レーシックの費用を少しでも抑えたい方に、朗報!、大変おトクです。


検索
レーシック手術・治療
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の医院が集まっているエリアをご紹介



検索
レーシック(LASIK)
 ・視力回復の種類


  • 初期のレーシック
    マイクロケラトームによるレーシックは、10万円を切る値段で提供されています。朗報!

  • イントラレーシック
    初期のレーシックと比べて更に効果の高い治療法です。また、最も行われており、現在、実績№1になります。

  • アイレーシック
    オーダーメイドの視力矯正!わずかな歪みまで矯正できるため、より自然な見え方を実現しています。

  • Zレーシック
    眼の動きを6次元、又は7次元で追尾!レーザー照射の照射時間短縮を実現した最高峰のレーシック!

  • エピレーシック
    角膜が薄い方に朗報!エピケラトームという専用医療器具によって、角膜上皮部分のみに薄い蓋を作成します。

  • ラセック
    角膜が薄い方に朗報!アルコールを使用して、角膜上皮部分のみ薄い蓋を作成します。

  • PRK(ピーアールケイ)
    レーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。現在、角膜ジストロフィなどの治療で活躍!

検索
老眼治療+レーシック
 ・視力回復の種類


  • リーディングアイ
    ピンホール効果で、近くがより快適に見えるようになる治療方法です。現在、人気上昇中!

  • Vue+(ビュープラス)
    「角膜インレー」を片眼だけに挿入し、もう片方の眼には、遠くが見える様に矯正する老眼治療!

  • モノビジョンレーシック
    片方の眼は遠く、もう片方の眼は近くが見える様に調整して、近くも遠くも両方見える様にする老眼治療!

  • プレスビーマックス
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 遠近両用白内障手術
    白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して、老眼や白内障から視力を回復させます。

  • AddOn眼内レンズ
    白内障手術を受けられた方の追加矯正、老眼の症状から回復する事が可能になります。

  • スープラコア
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変形させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 老眼治療CK
    レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。