※レーシック手術費用の内容とレーシック業界の相場についてご紹介しています。手術費用は、高機能な医療機器(数億円とも言われるレーザー装置)を使用する為、まだまだ高額です。

レーシックの手術費用

レーシック手術費用の実態!

レーシックの手術費用は、医院や提供されるレーシックの種類によって、異なります。また、同じような治療でも料金は、様々です。価格格差が発生!
※手術費用に含まれる内容が医院によって、異なります。また、手術費用一式の場合や検査費用は、別途料金が発生するなど様々です。

レーシックの手術費用は、まだまだ高額!

レーシックの料金は、美容整形と同様に自由診療である為、医院によって料金設定が自由に行えます。また、手術には、高機能な医療機器(1台:数億円とも言われているレーザー装置)を使用する為、自然とその手術費用は高額になります。

近年、レーシックの人気の高まりにより、レーシックを受ける方が年々増えて来ています。その影響もあり、ここ数年では、価格競争が激化して、かなり手術費用が抑えられてきています。結果、淘汰された医院も見かけます。

また、以下の表からもわかるように、同じようなレーシック手術でも医院の規模(一般の眼科医院・大学病院、大手レーシッククリニック)によっては、価格の格差が発生しています。参考までに!

レーシックの種類 大手レーシッククリニック 一般の眼科医院・大学病院
初期のレーシック 7万円~15万円 10万円~30万円台
イントラレーシック 9万円~25万円 30万円~40万円台
アイレーシック 30万円~40万円 40万円~50万円台
Zレーシック 20万円~30万円
エピレーシック 15万円~40万円 15万円~30万円台
ラセック 15万円~40万円 15万円~30万円台
PRK 25万円~40万円 10万円~40万円台

数年前(2007年頃)までは、レーシックの手術費用が30~50万円程度が相場でした。半ば諦めていた方も多かったと思います。しかし、近年、15~30万円前後が主流となり、約20~40%程度値下がりした事で、レーシックの敷居が低くなり受けやすくなりました。

また、レーシックの手術費用には、いろいろな内訳があります。一式で料金を表示されている医院も有れば、手術費用とは別に料金が必要になる医院もあります。先ず、どの様な内容なのかを知る事が大切です。レーシック手術費用の主な内訳は、以下の通りになります。参考までに!

レーシック手術費用

主な内訳
  • レーシック本体の手術代金
  • レーシック手術前の初診料・検査費用
  • レーシック手術日の診察料・検査費用
  • レーシック手術後の定期検診費用
  • 投薬費用

レーシックの手術費用は、眼の状態によって異なる!

レーシックの手術費用は、「①近視・乱視・遠視の度数」や眼の形状「②軽度近視や強度近視の違い、角膜の厚みの違い等」、また「③ライフスタイル」(夜間に車を運転される方、格闘技や眼に強い衝撃があたるスポーツをされる方など)の違いにより、治療の方法が異なる為、手術費用も違ってきます。

近視・乱視・遠視の度数で手術費用が異なる!


軽度近視の方は、費用の安いレーシック手術が受けられますが、強度近視の方は、費用の高い(30万円台~)治療等が適応とされ、勧められます。

それは、視力が極端に悪い方は、視力矯正に高度な技術が必要とする為、必然的に価格帯の高い治療法になります。この様に、視力が悪くなればレーシックの手術費用は高くなります。

手術費用を重視される方は、強度近視になるまでに中等度や軽度近視の状態で手術を行えば、より安く手術が行えます。視力が極端に悪くなる迄、メガネやコンタクトレンズ等を使用して、そのままにして置くのではなく、早めの手術が費用を安くするコツです。


角膜の厚みで手術費用が異なる!


レーシック手術に必要な角膜の厚みのある方は、費用が安い治療を受けられますが、そうでない方は、一定以上の厚みを残す為に高度な技術を必要とする為、必然的に価格帯の高い治療になります。

また、生れ付き極端に角膜が薄い方、レーシック手術に必要な角膜の厚みが確保できない方は、レーシック以外の高度な治療法が勧められます。その為、より費用は高くなってしまいます。

この様に、角膜の厚みが十分に残せる場合とそうでない場合では、レーシックやその治療法が異なる為、必然的に手術費用が違ってくるのです。


ライフスタイルで手術費用が異なる!


例えば、夜間に車を運転される方、パソコンや細かい作業をされ方は、クリアな視界が求められます。その様な方には、レーシックの中でも、精度の高い技術を必要とされる為、価格帯の高い治療を勧められます。

また、格闘技や眼に強い衝撃があたるスポーツをされる方は、通常のレーシックでは、対応ができない為、高い技術が必要な治療法が幾つか勧められます。その為、より費用が高くなります。

この様に、予めライフスタイルに適した治療が用意されています。特殊なライフスタイルをお持ちの方は、必然的に手術費用も違ってくるのです。


レーシック手術費用の現状

現在では、医院ごとに様々なレーシックの治療法が次々と提供されています。特に、ある医院では、レーシックの手術費用を抑えたい方(7万円台~)から始まり、主流は15万円~40万円台と高額なものまでいろいろ提供されています。

人気のある医院では、患者の数が増えている為、経営的に安定しています。その為、増税後も値上げを先送りし、そのままの費用でレーシックを提供しています。

しかし、増税後、レーシック業界では、値下げによる価格競争は落ち着き、レーシックの手術費用も少しずつ値上がりの傾向が見られます。知らない間にドンドン値上がりしている現状です。

これから、レーシックを受けようと考えている方、レーシックに興味をお持ちの方や迷われている方、まだまだ高額ですが、今がリーズナブルな価格で受けられる最後のチャンスなのかもしれません!?

当サイトで、ご紹介している大手レーシッククリニックでは、約半年で治療法の見直し(入替え)、料金改定によりレーシックの手術費用が変更されています。価格は、少しづつですが、値上げされている傾向にあります。

また、大手では、7万円台で実施している近視レーシックと同等の施術に対して、一般の眼科医院では、30万円、某大学病院では、50万円と表記されているのを見かけます。約4~7倍以上の料金の差が発生していたりします。

レーシックの価格破壊を起こした結果、この様な価格格差が発生しているのだと思われます。レーシックが人気により、ここ数年で、約100万人を突破しています。近い将来、レーシックも健康保険の適応になるのではと考えます。

その他、レーシックの費用について

  • レーシックの費用と医院規模の関係
    レーシックの費用は、医院の規模で違います。大きく分けて、大手レーシッククリニック、一般の眼科医院、大学病院の3つに分かれます。その中でも、大手レーシッククリニックが断然、お得です。特に、品川近視クリニックは、費用が格安と言う評判です。

  • レーシックとコンタクトレンズの費用比較
    レーシックとコンタクトレンズを比較すると長期的な観点からレーシックの方がおトクです。レーシックは、コンタクトレンズと比べて一時的に高額の費用は発生しますが、多くのメリットがあります。コンタクトレンズは、使い続けると眼に異常を来す危険性が高いとされています。

  • レーシックの料金設定を検証
    レーシックの料金設定は、レーシックの種類によって様々です。アイレーシックやアマリスなどの様に見え方の質が上がれば、料金設定は高くなります。しかし、初期の近視レーシックは、リーズナブルな価格で提供され、10万円を切るなど価格破壊!、大変おトクです。

  • レーシックの追加費用の実態
    レーシックの追加費用の内容について、ご紹介しています。追加費用は、医院によって様々です。そして、手術費用は、まだまだ高額になります。予め何が追加費用なのかチェックして置く必要があります。費用の面で失敗しない為にも大変重要です。

  • レーシック適応検査が無料
    レーシック手術前の適応検査の費用を有料とする医院が殆どです。しかし、当サイトでご紹介している大手レーシッククリニックでは、無料で実施しています。レーシックは、高額の手術費用が必要になります。費用を少しでも抑えたい方、朗報です。

  • レーシックで保険は利用できるのか!?
    レーシックは、国民健康保険の対象外になります。しかし、民間で行っている生命保険会社では、対象の商品が多くありました。最近では、レーシックの人気により受けられる方が急増した結果、殆どがレーシック対象外の商品になっています。(私事ですが、10万円貰えました)

  • レーシックの医療費控除
    レーシックで発生した費用は、医療費控除の対象になります。確定申告する事で、払い過ぎた医療費が戻って来ます。また、交通費、宿泊や託児所の利用料金なども対象になります。サラリーマンの方、確定申告を忘れずにしましょう。レーシックの費用を少しでも抑えたい方に朗報です。

  • レーシックモニター募集
    レーシックのモニター制度は、モニター条件をクリアすれば、無料もしくは割引で受けられる最大の特典です。運が良ければ無料でレーシックが受けられます。モニター募集している医院をご紹介します。レーシックの費用を少しでも抑えたい方に、朗報!、大変おトクです。


検索
レーシック手術・治療
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の医院が集まっているエリアをご紹介



検索
レーシック(LASIK)
 ・視力回復の種類


  • 初期のレーシック
    マイクロケラトームによるレーシックは、10万円を切る値段で提供されています。朗報!

  • イントラレーシック
    初期のレーシックと比べて更に効果の高い治療法です。また、最も行われており、現在、実績№1になります。

  • アイレーシック
    オーダーメイドの視力矯正!わずかな歪みまで矯正できるため、より自然な見え方を実現しています。

  • Zレーシック
    眼の動きを6次元、又は7次元で追尾!レーザー照射の照射時間短縮を実現した最高峰のレーシック!

  • エピレーシック
    角膜が薄い方に朗報!エピケラトームという専用医療器具によって、角膜上皮部分のみに薄い蓋を作成します。

  • ラセック
    角膜が薄い方に朗報!アルコールを使用して、角膜上皮部分のみ薄い蓋を作成します。

  • PRK(ピーアールケイ)
    レーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。現在、角膜ジストロフィなどの治療で活躍!

検索
話題の視力回復治療
 レーシック以外


  • リレックススマイル
    レーシックを越えた次世代の視力矯正術、従来のレーシック治療よりも切開幅が80%も少なく、より安全性を重視される方、必見!

  • ICL(アイシーエル)
    【後房型】レンズを眼内の虹彩と水晶体の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

  • フェイキックIOL
    【前房型】レンズを眼内の角膜と虹彩の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

検索
老眼治療+レーシック
 ・視力回復の種類


  • リーディングアイ
    ピンホール効果で、近くがより快適に見えるようになる治療方法です。現在、人気上昇中!

  • Vue+(ビュープラス)
    「角膜インレー」を片眼だけに挿入し、もう片方の眼には、遠くが見える様に矯正する老眼治療!

  • モノビジョンレーシック
    片方の眼は遠く、もう片方の眼は近くが見える様に調整して、近くも遠くも両方見える様にする老眼治療!

  • プレスビーマックス
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 遠近両用白内障手術
    白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して、老眼や白内障から視力を回復させます。

  • AddOn眼内レンズ
    白内障手術を受けられた方の追加矯正、老眼の症状から回復する事が可能になります。

  • スープラコア
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変形させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 老眼治療CK
    レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。